Top道後温泉情報道後温泉 本館情報道後温泉 本館


各情報サイト等へのリンクを掲載しています。ご参考にしてください。


[天気予報]
県内各地の
お天気情報

[アクセス]
松山への
アクセスマップ

[坊っちゃん列車に乗ろう!]
松山市内を走る、“坊っちゃん列車”は、
1乗車大人:300円、小児:200円です。

いよ観ネット
[いよ観ネット]
愛媛県の観光情報
道後温泉駅前のカラクリ時計。その横には平成14年に放生園の足湯が完成しました。 現在は7旅館で足湯、手湯が利用できます。

「日本髪・裾引き」の伝統的な衣装で松山の町を彩る芸妓さん12名が所属する「松山検番」のサイトです。
英語/独語/韓国語/中国語での
松山の観光情報

松山市ホームページ内の各言語版観光情報ページへリンクしています。



道後温泉 本館

道後温泉のシンボル、道後温泉本館は、明治27年に建築された三層楼のどっしりしたもので、近代的なホテルや商店街の中にあってひときわ風格ある姿を誇っています。
 浴場は二種類あり、1階の大浴場を神の湯、小さい方を霊の湯といい、浴槽は花崗岩でできています。
 泉質は、アルカリ性単純泉で、日本人の肌に合うなめらかなお湯。湯治や美容に、多くの人々から親しまれ、明治以来の伝統として暖かい落ち着いた感じを保持しています。
 この道後温泉のいいところは、道後に泊まらなくても外湯を楽しめること。もちろん道後の主な旅館やホテルには引湯をしていますが、手ぬぐい片手にわざわざここまで来る人も少なくありません。ここには毎朝一番風呂に入ろうと、時を告げる太鼓の音を待ち構えている「朝湯会」のお年寄りや市民たちがいますが、長い間道後のお湯で肌を磨いてきたせいか、つやつやと顔色もよく元気そうです。こうした地元の人の伊予なまりを聞きながらのんびりお湯に浸るのも、また旅情が感じられていいものです。
 2階には、霊の湯のほかに、神の湯を利用する人のための広間(脱衣場)があります。湯玉印のゆかたを貸してくれ、湯上がりには、炭火で沸かしたお茶が、天目茶碗に入れられて出てきます。
 また、「又新殿」をはじめ、夏目漱石ゆかりの「坊っちゃんの間」、俳人・河東碧梧桐の書軸などをおさめた「展示資料室」があり、観光客の人気を集めています。