「道後温泉」は道後温泉旅館協同組合の登録商標です。商標登録番号 第5071495号

Translate this page

道後温泉物語

  • 道後温泉について
  • ホテル・旅館
  • 観光お役立ち情報
  • アクセス
  • 観光ツアープラン

入浴料金・営業時間

  1. TOP>
  2. イベント・ニュース>
  3. 愛媛・松山 道後温泉の新しいシンボル「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」 平成29年9月 オープン予定

イベント・ニュース

2017年01月31日 ニュース

愛媛・松山 道後温泉の新しいシンボル「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」 平成29年9月 オープン予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛媛・松山 道後温泉の新しいシンボル「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」 平成29年9月 オープン予定

~道後の新たな幕開け~
新たな温泉文化を発信する拠点誕生。
飛鳥時代をイメージした湯屋

平成29年9月、日本最古と言われる道後温泉にふさわしい、新しい温泉施設「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」 が椿の湯の隣に誕生します。

特徴1 外観
聖德太子の来浴や斉明天皇の行幸などの伝説が残る飛鳥時代の建築様式を取り入れた特徴的な外観

特徴2 中庭
中庭は聖德太子が詠った「椿の森」をイメージし、椿が生い茂っている当時の様子を再現。

特徴3 浴室
1階は開放的な大浴場と露天風呂。
2階は本館の皇室専用浴室の又新殿を再現し、「湯帳」を着て古代の入浴体験ができ、家族風呂の利用が可能。
※「湯帳」とは「ユカタビラ」とも言い、一定以上の身分の人が身に着けたと考えられ、ユカタの原形となったものです。

内観は「太古の道後」をテーマに、道後温泉にまつわる伝説や物語などを「愛媛県の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品で演出し、「温泉の癒し」とともに、愛媛・松山でしか体験できない、感性を刺激する「新たな温泉文化を発信する拠点」を目指します。

新施設案内チラシ(PDFファイル)